上田商店サイトトップ

クリーニング資材全般の販売から、チラシポップなどの
販促品の販売と企画制作等々幅広くクリーニング店を応援。

06(6633)4625・FAX:06(6633)4621

上田商店ニュース

上田商店が発行しております FAXニュースをWEB版でご覧いただけます。

WEB版 上田商店ニュース

本年も宜しくお願いします

昨年の一文字漢字は「災」でした。関西でも地震に見舞われ台風も直撃、その猛烈さにびっくりしました。世界中で二酸化炭素の影響によるものか異常気象でした。地球環境にやさしくありたいものです。穏やかに過ごしていけることを願うばかりです。

“SF映画の世界が現実に!”驚異のスピードで進化するAI(人工知能)、ロボット、3Dプリンターなど。仕事や生活にどう絡んでくるのか、どう関わってくるのか予想もできません。興味をもって注視していきたいと思っています。

今回も他業種情報を含め提案をまとめました。

宅配クリーニング

“料金がリーズナブルで、集荷・配達してくれる。そして、品質が良ければ言うことなし!” 手軽さが人気の宅配クリーニング。

そのメリットは、●まとめて出せば送料が無料で持ち運ぶ必要がない。●会社によっては、衣類の長期保管やコンビニ対応など便利なシステムがある。●家で普段着のままで受け取れ、受付けなど人付き合いも不要。また、●Webサイトなら、料金表で事前に値段が予測でき、営業時間を気にする必要もない。…など便利な宅配クリーニングですが、●店舗型に比べると仕上り期間が長め。●宅配業者が集荷する為、プロに相談できない。●送料がかかる。…などデメリットもある。

思った以上に効果のあるネットをはじめ、長い目で考えると従来の方法だけでは、今後、益々難しいと思う。

◇宅配クリーニングに関する質問やご相談は、上田商店 担当営業まで連絡してください。

改正入管法が成立

『外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理改正法が昨年12月に成立、4月の施行を予定。人手不足解消のため、一定の技能を持つ外国人や技能実習修了後の希望者に新たな就労資格を与える。これまで認めてこなかった単純労働に門戸を開く。日本の外国人労働者を巡る大きな政策転換となる。』

過去、最低賃金法違反などの問題があったが、安価だから雇用するのではなく、人手不足を補い、人材育成もしっかりとやっていくことも重要だと思う。

人出不足を乗り越える

中小企業では、人手不足は深刻な問題。新たな勤務体制を設定して違った層の採用を試みたり、労働環境への配慮で定着率を上げるなど、他業種企業の対応を参考に工夫次第で人手不足は乗り越えられる。

<シニアの活躍で人手不足を解消>短時間勤務で曜日も選択できるなど、体力やライフスタイルに合わせた柔軟な勤務体制でシニア層を確保している。

<働きやすい環境づくりで離職を防止>有給休暇の時間単位での取得を認めたり、無料託児室を設置。授乳や親子一緒の昼食を可能にするなど、労働環境への配慮で離職率を激減させた。

<人材を育てる取り組みで戦力を強化>ベテラン左官職人の動きをビデオで学び練習する。1年の訓練を1ヵ月に短縮するなど成果を上げている。

普段から早めの情報提供

「ダウン選びの基礎知識」が雑誌に特集されている。デザインやシルエット、品質や機能、日本産の注目ブランド、さらに自宅での洗濯の方法など写真と共にわかりやすく紹介されている。また、ダウンの歴史『ダウンジャケットは、1936年エディー・バウアー氏がロシア人が使っていた羽毛に着目し、釣りの防寒着として開発した。』という豆知識なども掲載されている。

普段から早めの情報提供が大切。ダウンのブランド特徴や手入れの注意点などを店頭に展示するなどコミュニケーションが重要だと思う。継続していくことで信頼を得ることができると思う。

単価を上げても受ける

髪ケア効果実感約85%の「高級ドライヤー」が快進撃だ。08年までは「きれいなおねえさんは、好きですか。」のキャッチコピーの下で、30代以上の美容感度の高い層にアプローチしてきた。14年からはターゲット層を20代まで引き下げ、キャッチコピーも「忙しい人を、美しい人へ。」に変更。その結果、働く女性を中心に、購買年齢の引き下げと単価の引き上げに成功した。

また、高価なパジャマも話題になっている。長年研究を続けて生まれた「睡眠科学」は、“動き・温度・肌ざわり”にこだわり、ナイトウェアに必要な3つの感覚(=ここちよさ)をカタチにした。

クリーニングでも奇抜なネーミングやキャッチコピーを利用して訴えるのはどうか。女性の喜ぶコト、モ)をターゲットにポイントを絞り、売り方を工夫すれば、単価を上げても受ける時代ではないかと思う。

上半期の売り上げが好調

『なんばシティの上半期(18年4~9月)の売り上げが順調だ。9月だけは2度の台風により減収だったが、上半期全体では、前期比4.1%増となった。秋物が立ち上がった9月以降はレディスファッションが4.7%増と春夏よりも伸び率が上がっている。

また、ルクア大阪も快調に売り上げを伸ばしている。4~9月の全館売上高は前年比19.9%増で、売上高、入店客数ともに過去最高となった。』

アパレル関係が好調で、クリーニングにも明るい材料が出てきているように感じる。

アンケート結果<決済方法>

クリーニング店での決済方法、《理想》と《現実》をテーマに行なった社内アンケートの結果。
《現実》普段利用している決済方法は? 現金:92%、電子マネー:3%、その他ではクレジットカード・口座振替・銀行引落。

《理想》今後利用したい決済方法は? 現金:35%、電子マネー:38%、クレジットカード22%、その他○○ペイ・銀行引落となった。(プリペイドカードの利用はなし)

キャッシュレス化が進む中、日本の現状は約20%、中国の60%、アメリカの46%と比べると現金決済が一般的な日本は遅れている。中国でもっとも利用されている「QRコード決済」は、「QRコード」を用いた電子決済方法の1つ。決済金額が登録されたQRコードをユーザーがスマートフォンで読み取ることで決済が完了する。

“風水”を店の“売り文句”に

風水は、何千年もの歴史に裏付けられた「開運へのヒント」。多くの先人たちが積み重ねた知恵と経験のデータに基づいた統計学だ。

「占い」とか「運勢」とかに興味を持っている女性が多いように感じる。女性客が多いクリーニング業。“風水、運気アップ”を前面に出し“売り文句”として使えないか、セールストークとして少しでもお客様を増やせればと思う。

本年のヒット予測

「今年のヒット予測ランキング30」によると、1位:デカトロン&ワークマンプラス、2位:新元号フイーバー、3位:誠品生活、4位:日本版アマゾンGO、5位:ヒプノシスマイク…。

クリーニングでは、スニーカーからリュックサックへと拡大しそうに感じている。クレームや事故などの問題が不安だが、登山リュックやビジネスマンリュックなど利用客が多く、うまく工夫していけばアイテムも増え、業界全体の底上げになりそうに思う。

 

ページの先頭へ戻る

上田商店ニュース

隔月第三月曜日にお送りさせて
いただいております
FAXニュースがこちらから
ご覧になれます。

最新号はコチラ(Vol.169号)

FAXニュースお申込み

上田商店ニュースここまで

製品紹介

ご購入はコチラ

会社概要

株式会社上田商店

〒556-0016
大阪市浪速区元町
2丁目4番9号

TEL 06(6633)4621
FAX 06(6633)4625
Mail uedastore@if-n.ne.jp

会社概要ここまで

詳しくはコチラ

▲ページの先頭へ戻る